Beacon Health Optionsは、自殺予防キャンペーンの一環として、従業員のメンタルヘルス応急処置トレーニングを開始します

ボストン– 行動健康管理のリーダーであるビーコンヘルスオプション(ビーコン)は本日、自殺予防の一環として、メンタルヘルス応急処置(MHFA)トレーニングを全国の従業員に展開すると発表しました。この発表は、自殺予防啓発月間としての9月、および全国自殺予防週間としての9月11〜16日に合わせて行われます。

Beaconは、評判の高いホワイトペーパーを発行して、今年初めに同社の自殺防止イニシアチブを開始しました。 「私たちは自殺について話す必要があります。」 この論文の焦点は、自殺を防ぐための証拠に基づくアプローチである「ゼロ自殺」モデルであり、これは、ケアを受けている人々の自殺死は予防可能であるという信念に基づいています。

自殺で亡くなったすべての個人について、278人が自殺についての真剣な考えを乗り越えています。 自殺予防のための全国行動同盟。

「ゼロ自殺モデルの重要な信条は、労働力の訓練です。したがって、メンタルヘルス応急処置トレーニングは、ビーコンが従業員との取り組みを開始するための論理的な場所です」と、ウェルネスおよびリカバリーのクラレンスジョーダン副社長であり、イニシアチブのこのフェーズのリーダーであるビーコンは述べています。 「しばしば「心肺蘇生法」と呼ばれるこのトレーニングは、ビーコンの従業員に、行動上の健康問題とその対処方法を認識するために必要なスキルを身に付けさせます。

「私たちは行動療法の分野で働いていますが、従業員はまた、実際のストレッサーやメンタルヘルスの問題に直面している日常の人々でもあります。このトレーニングにより、彼らは自殺やその他の精神的健康状態についてのコミュニケーションにおいてより効果的になります。私たち一人一人が、友人、家族、同僚、さらには自分自身の擁護者になります」とジョーダン氏は付け加えました。

National Council for Behavioral Healthは、オーストラリアで最初に開始された8時間のメンタルヘルス応急処置トレーニングを米国で提供しています。ビーコンは先月、他の人にコースを教えるためにすでにMHFA認定を受けている同社のニューヨークとコロラドのオフィスのスタッフに加わる9人の従業員を対象とした「トレーニング-トレーナー」セッションを主催しました。

ビーコンクリニカルケアマネージャーのジェシーマーティンは、ビーコンの新しいMHFAトレーナーの一人であり、トレーニングからの彼の最大のポイントを説明しています。 「自殺の危険性の兆候を認識し、誰かの生活に影響を与えるには、ほんの少し時間がかかることを私は理解しています」とマーティン氏は言いました。 「最小の行動は人々が暗闇の中で光を見るのを助けることができます、そしてそれは学ぶための非常に強力な教訓です。」

Beacon Health Optionsは、すべての企業が従業員向けにMHFAなどの自殺予防トレーニングを後援することを奨励しています。詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.mentalhealthfirstaid.org