命を取り戻す

「彼は素晴らしいことをすることができます、そして私は彼にその機会を与えたいだけです。彼に普通の生活を送ってもらいたい。」

「彼女が13歳に達すると、救急車を呼ぶ代わりに、警察に電話して彼女を閉じ込めようとしていました。そして、私は彼女が刑事制度に巻き込まれることを望んでいませんでした。」  

「私は、これが私がなりそうな人だと信じるようにほとんど自分自身に話しかけました…アルコール依存症の、薬物を使用する人。そして、ある種の奇妙な否定の中で、それが私の運命だと思いました。」

強力な新しいドキュメンタリーで 命を取り戻す、 私たちは、メンタルヘルスと物質使用障害のサポートを受けている3人のビーコンメンバーの旅をたどります。自閉症スペクトラムの青年であるマイケルがいます。複雑なケアを必要とするティーンエイジャーのクリスティーナ。そして、オピオイド使用障害から回復している男性のヴィンセント。

一連の感動的なビネットを通して語られたこれらの3つのメンバーのストーリーは、ビーコンがサービスの一部としてサービスを管理するコネチカットのメディケイドプログラムの約80万人の個人と家族の小さなスナップショットです。 コネチカット行動健康パートナーシップ(CT BHP).

私たちが奉仕する人々の実際の、時には複雑な経験を示すことに加えて、 命を取り戻す gives viewers a glimpse into the work Beacon does each day—from intensive care coordination to providing peer support—and why these interventions are so critical for members and their families. Just as importantly, you’ll see the relationships behind these evidence-based interventions, and hear from a few of the Beacon staffers working first-hand to connect members with the services and support they need to get back to their communities.