EAPA2018アワード

EAPA Logo

大規模なヘルスケアサービスプロバイダーは、Beacon EAPを利用して、ビジネスの性質上、従業員がしばしばさらされるトラウマ的な出来事からの回復を支援しています。 2017年9月の3週間の間に、クライアントはいくつかの重大でほぼ連続した壊滅的な破壊的イベントを経験し、ビーコンがサポートを提供するためにそこにいました。

まず、ハリケーンハービーがテキサス州のガルフコースト地域に上陸し、洪水によりこの地域が麻痺し、重大な物的損害が発生しました。その後、互いに数日以内に、ハリケーンイルマとマリアは、東海岸と西海岸の両方でのクライアントのフロリダでの活動を追跡しました。 Beaconの重大インシデント対応チームは、クライアントの担当者と協力して、従業員をサポートする400時間以上のオンサイトサービスを提供しました。

テキサス州ガルフコースト地域のハリケーンハービーによる壊滅的な洪水被害の際、私たちはクライアントと協力して、メンタルヘルスの専門家、地域の管理スタッフ、ナッシュビルのリーダーシップからなるモバイル「バス」リソースチームを実装しました。チームは、従業員とその家族に、ギフトカードを介して食料、水、財政支援の現物給付を提供しました。 「バスツアー」の概念は、できるだけ多くの従業員にリーチするために、リソースを一元化し、サービスを動員する手段として浮上しました。個人の家や車の洪水のためにその地域を避難しなければならない人もいれば、その地域を横断する能力が限られている人もいたため、これは課題でした。この成功の鍵は、ツアーの停止とスケジュールについて従業員に警告する、クライアントとのソーシャルメディアコミュニケーションでした。

クライアントが2017年10月初旬にハリケーン後の復旧作業を通じて職場の生産性を回復していたとき、クライアントと国はラスベガスでのコンサートでの大量の死傷者の銃撃の影響を受け、58人のコンサート参加者が殺されました。私たちのクライアントはラスベガスの主要な医療提供システムであるため、多くの犠牲者が私たちのクライアントの病院や外科治療センターに連れて行かれました。 10月3日から10月12日まで、ラスベガスのクライアントの施設では、従業員とスタッフをサポートするために600時間以上のオンサイトの重大インシデント対応サービスを利用しました。

このクライアントは、2018年の会議でCIRサービスのベストデリバリーに対してEmployee Assistance Professional Association(EAPA)賞を受賞しました。